出前授業 職業講話 世界で働いてきた話

職業講話で伺った中学校にて、生徒に「将来の夢は?」と聞いた

ら「正社員!」と言われた。その夢とはほぼ真逆にいる僕に対して

「どうやったらなれますか?」とムチャなことを聞いてきたので、

海外で様々なバイトを経験してきたことを話した。

 

採用のされ方のほとんどはインチキだった。特に印象的なのは海

外における記念すべき初めての就職先、ニュージーランドの山奥に

ある大きな牧場での牛の乳搾り。

日本人は働き者だから比較的どの職種にも重宝されるらしいが、

言葉の壁などでなかなか仕事が見つからなかった僕は、書類選考の

履歴書を現地の友達に書いてもらった。流暢な英語で書かれていれ

ば文句ないだろうと思ったのだ。案の定、採用通知が届くのには時

間がかからなかった。

 

僕らしいのはここから。躊躇せずとりあえず行ってしまうのだ。

そして現地に着いてまず第一声、たどたどしい英語で正直に謝った。

「ごめんなさい。あの履歴書は僕が書いていません。もちろん書か

れている内容に嘘はありません。もうすでにお気づきだと思います

が…英語ができません」。オーナー夫妻は驚いている。「今日はも

う帰る電車がありません。どうかおいてください!」。無理やり転

がり込んだのだ。

 

僕のこういった行動は芸人間でも「よくできるね」と感心される

ことが多いが、決してハートは強くない。いつだってビクビクする。

ただ、ビビってやめたらビビり損なので、ビビりながらもやってし

まうというだけなのだ。

 

初日に真顔で「この牛たちってオス、メスどっちですか?」と聞

いて笑われた。「乳搾りの経験はあるのか?」「牛のは初めてです」。

乳房が四つあるということもこのとき初めて知った。

1日に2度、殺菌消毒してミルカーという機械を使い丁寧に搾乳

する。一頭一頭クセなどもあるので大変だったが、これらの細やか

な工程を最終的には見なくても手の感触だけでわかるようにまでな

った。まさにモウパイである。

 

こちらの牧場の総面積は500エーカー(東京ドーム約43個分)。

敷地内で迷子になることもしょっちゅうだった。朝は早く、夜は遅

い。糞を浴びるのは当たり前。

きつい、汚い、危険、休暇なし、給料安い、臭い、帰れない…

もはや3Kどころの話じゃない。

毎晩、心も体もクタクタで「ご飯を食べないですぐ寝る」という

牛になるには程遠い生活を送っていた。今思えばミスも多かったか

ら、僕自身もよくご主人に搾られていたなぁ。

牛

 

中之島中学校 講演会 SNS問題を考える

中学校時代の恩師の山本教頭先生にもお会いでき良かったです。

thumbnail_IMG_7518

FacebookもLINEもTwitterもやめた(やっていないのではなく、やっていたけどやめた)者としての思いを届けました。

thumbnail_IMG_7515

ちなみにFacebookに関しては2009年にはすでに始めていたので、日本人としてはかなり早かったはずです。

その頃のプロフィール写真はこちら…Tシャツにご注目(^^)

I HATE FACEBOOK

英語教室好評開催中! 今夜ベッキー金スマ!

今日は英語教師の本間桂子さんと「よろっtoこれからENGLISH~ABCから始めよう~」という月1の無料英語教室。

IMG_7468

 

ちなみにこれは全て中1用の英語の教科書。

IMG_7463

いわゆるゆとり世代の頃のものだけ字が少なく、絵が多いのがわかります。(右側)

IMG_7464

 

ちなみに私の頃のもの(いわゆる松坂世代)のものを開いたら偶然にも・・・

IMG_7459

 

助けてベッキー(笑)

大好評 毎月開催 地球一周トークショー

2年半かけて旅してきた地球一周を3分で振り返ってみます。

まずはお隣の国、韓国。「新潟ってどんなところ?」と聞かれ、泉田知事をアピールしようと韓国語風に「チジイズミダ」と返答。早速新ネタができる。

タイでは園児の前でパフォーマンスを披露するが、「何がおもしろかった?」との問いに「かお―!」と言われてしまう。この辺はまさしくバンコク共通だ。

ニュージーランドではバックパッカーとして鍋で米を炊く方法を覚えた。今でもこれはキャンプなど、みんなで料理をするときに「釜はないよ!」「構わないよ!」と役立っている。

オーストラリアでは様々な文化の違いを見せつけられながらも「豪に入れば豪に従え」を実践。

カンボジアではタトゥーで額に「愛」と彫っている男性を見かける。天地人を思い出す。

世界がっかり名所の1つと言われているシンガポールのマーライオンはちょうど改装中のため水が出ていなくて、さらにがっかりさせられた。その後、偶然プライベートのクリス松村さんと遭遇。実写版マーライオンに思えて元気が出た。

中国語で宝田明はホーチミンと読むらしく、ベトナムでは英雄扱いされるらしい。

インドでは右手でカレー、左手で尻を拭くを実践。それが普通だなんてインド人にビックリ。

エジプトではラクダに乗った。なぜだか生まれて初めての気がしない。そう、よく見ると数週間前にお会いしたクリスさんにそっくりだった。新潟の寒い冬と同様にエジプトにもカイロにラクダ(ももひき)がいるでしょう。

庄野真代の曲を口ずさみながらトルコへ。スリの被害に遭う。「恨まないのがルール」と自分に言い聞かす。

ジェスチャーの認識の違いによりギリシャではあわや一触即発。この頃から失敗を経験と言えるようになった。

ヨーロッパではイタリア、フランス、スペインだけでなく、世界一小さな国ヴァチカン市国へも行った。面積はディズニーランドより小さく、人口は僕が通った中学校の全校生徒より少ない。また、二番目に小さいモナコでは所得税、住民税が無いことに驚かされる。おまけに固定資産税も相続税も不動産取得税も無いなんて羨ましい税。

モロッコではストリートチルドレン、コロンビアでは先祖がアフリカから奴隷として連れてこられてきた黒人コミュニティ、パナマではエンベラという先住民族、ジャマイカではボブマーリーの孫にも会った。多くの出会いは、僕自身が日本にいた頃の自分と会話をするという機会を与えてくれた。

登山をしたグアテマラでは水よりもビールの方が安かった。言葉の通じないメキシコではとりあえずアミーゴ(友だち)という言葉を連発していたら何とかなった。

「自分1人で生き抜く力を身につけてくるぜ!」と旅に出たが、結局「1人では生きていけない…」ということを思い知らされて帰ってきた。しかし、この気づきが何よりもの財産だ。 「1人じゃない」には2つの意味がある。「1人ぼっちじゃない」という勇気を肯定するものと「1人でやっているんじゃない」という自分勝手さを否定するもの。

新潟に帰ってきた今もなお、僕は世界一周中です。

高橋なんぐ地球一周トーク6-169x240